プラン

海洋葬とは

火葬後にご遺体を散骨する
葬儀スタイル
海に思い入れのある故人様や
自然に遺骨を還して欲しいと
思う方に
選ばれています

海洋葬はこんな方々に
選ばれています

墓の継承者がいなくなった

人は水から生まれたため
最後は水に還りたい

経済的理由で
お墓にお金をかけたくない

故人を尊重した
自由なスタイルの葬儀をしたい

玉泉院では2つの海洋葬プランを
ご用意しています

海洋葬のプラン内容と
散骨エリア

海洋葬で散骨をした後、
再び一周忌や三回忌など特別な日に
散骨場所へお参りしたいという
ご家族の希望も叶えます。

海洋葬の流れ

ステップ1

ご予約

必要事項を海洋葬予約申込書に
ご記入いただき、
お持ち込み、ご郵送、FAXにて
お申し込みください。

ステップ2

お打ち合わせ

海洋葬申込書を確認後、
お客様へ当社よりご連絡致します。
詳しい日程やプランを
お打ち合わせさせていただきます。

ステップ3

ご遺骨のお預かり

ご遺骨を
粉末化させる必要がございますので、
散骨1ヶ月前までに
ご遺骨をお預かりにお伺い致します。
粉骨したご遺灰は海洋葬当日に
当社スタッフがお渡し致します。

ステップ4

施行日当日

ステップ5

帰港後

「海洋葬散骨証明書」(写真立て付き)を発行し、
当日のお写真アルバムと共に
ご自宅へご郵送致します。

ステップ6

お支払いの手続き

施行後、
お振込みまたは、現金にて
お支払いをお願い致します。
海洋葬散骨証明書・フォトアルバムを
送付致します。

海洋葬をしているお客様の声

男性 60歳

父親が特攻隊の生き残りで、「仲間の散った海で眠りたい」という希望を持っていたため、海洋葬を行いました。チャーターでの海洋葬は、父の遺影、遺骨とゆっくり向き合う貴重な時間を持つことができました。スタッフの方も丁寧な対応で、とても満足しています。

女性 44歳

自宅からお墓まで距離があり、跡取りもなかったため、これからのお墓の管理に悩んでいました。そんな時海洋葬と出会い、海洋葬を選択させていただきました。父も海が好きでよく釣りに出ていたので、家族としては海洋葬を選んで、よかったと感じています。初めてのことだったので、玉泉院様に葬儀から散骨方法まで様々なことをサポートしていただき、非常に助かりました。

女性 66歳

海や自然が好きだった主人は「お墓でじっとしているより好きな海で過ごしたい」「最期は大好きな自然に還りたい」と生前から言っていました。そのため海洋葬での散骨を選択させていただきました。お墓を建てる時より価格が安く、後継の問題も解決でき、さらには海洋葬ではお墓の管理もなく、私としても非常によかったと感じています。主人もきっと、今ごろ海で釣りでもしているんじゃないかと思います。

東京湾湾岸から一定の距離を置いた漁業権などが存在しない海域となります。希望の海域が指定出来るオプションもご用意しています。
お花、お酒等以外には故人が好きだった食べ物など、自然に還るものでしたら可能です。環境への配慮から、自然に還らない遺品は海に撒かない様お願い致します。
ご遺骨を粉末化させる必要がございますので、散骨1ヶ月前までにご遺骨を直接お持ち頂くか、弊社スタッフがお預かりにお伺い致します。また、粉骨したご遺灰は海洋葬当日に当社スタッフがお渡し致します。(粉骨費用は各サービス代金に含まれます。)
はい。散骨の量に決まりはございません。1部を海洋葬にて散骨をして、残りを手元に置かれる方もいらっしゃいます。弊社にて、お手元供養(ミニ骨壺、他)などのご用意もございます。
特に決まりはありません。葬儀後すぐに行われる方もいますし、四十九日後や一周忌などの節目に行われる方もいらっしゃいます。個人様やご家族様のご納得のいく時期に行ってください。
散骨クルーズではお客様に用意頂くものはありません。散骨クルーズはプランによりサービス内容は違いますが、散骨に必要なサービスは全てのプランに含まれております。
出航の最終決定は、前日の気圧配置図・気象情報をもとに船長・クルーが審議の上判断します。風速10m、波の高さ2mを超える予報の場合は順延となります。前日の予報で問題がない場合においても、当日の急な天候悪化により時間変更、出航中止となる場合がございますが、お客様の安全を第一に考え決定しますのでご了承ください。出航できない場合は順延となり、改めて海洋散骨の実施日を決めさせて頂きます。
桟橋付近にいる方に配慮する為、喪服の着用は避け、平服でお越しください。また、ヒールの高い靴などは危険ですので動きやすい 靴(スニーカー等)をお勧めいたします。
船酔いが心配な方は、ご乗船30分くらい前に酔い止め薬を服用してください。空腹・疲労は船酔いの原因となります。散骨当日は睡眠を十分摂り、軽めにお食事をしてご乗船ください。
海洋散骨は節度をもって葬送の一つとして行われる限りは違法ではないとされております。漁場、釣り場、海上交通の要所は避けて海洋散骨を行う限り問題はございません。
現在のところ、散骨をするのに役所への届出や手続きは必要ございません。ただし、墓地に埋葬されているご遺骨を散骨する場合には、所管の市区長村から「改葬許可証」を取得するか、墓地管理者による「遺骨引き渡し証明書」を取得していただいております。

その他お葬儀プランの比較

玉泉院

その他のページ