最新情報

2019年10月2日(水)

  • 葬儀コラム
  • 基礎知識
  • 新着情報

【喪中ハガキ】が自宅に届いた場合の返事って必要??



喪中ハガキは、
「喪中なので、年賀状は出せなくて申し訳ない」
ということを知らせるためのもの。

特に返事を出す必要はありません。

しかし、親しい相手や、お世話になっている人や
気持ちとして返事を書きたい時には
【寒中見舞い】として出すと良いでしょう。


【寒中見舞い】とは、
日本の習慣の一つで小寒(1月5日頃)から
立春(2月4日頃)まで寒中に行う見舞いのこと。

はがきなどを出して相手を見舞うことで、
喪中などで年賀状を出さなかった人に
対する挨拶状としても用います。

寒中見舞いは、
それ自体に相手の体調を気遣う意味もあり
喪中はがきへの返信という意味合いもあります。

松の内が明けた後にお送りし、
文中に不幸を知らなかったことを
わびる言葉を盛り込み送ることもよいでしょう。

葬儀以外で気になること、小さい疑問
日々多くのご相談をいただいております。
お気軽にお問合せください。

事前相談や資料のお問合せは下記より受付中。
※毎月毎週、各エリアで事前相談会開催中↓↓

※事前相談&見積り相談はこちらから↓↓

お電話でのご相談や各種問合せは↓↓

最新情報一覧

玉泉院

その他のページ