2021.06.30

葬儀コラム

【袱紗の種類は?】
袱紗には様々な種類があります。 弔事には紫・紺・グレー・深緑などの 寒色系のものが多く使用されます。 紫の無地なら慶事・弔事両方に利用できるので、 1枚持っておくと便利でしょう。

【袱紗の包み方】
※袱紗の包み方は慶事とは逆になります!
注意しましょう。
 

※手順
1. つめのある角が「左側」にくるよう菱形に拡げる
2. 袱紗の中央か右寄りに不祝儀袋を置く
3. 袱紗の右側を折り込む
4. 続いて下側、上側の順に折り込む
5. 最後に左側を折って包み、つめを留める
【香典の渡し方】
受付の方に渡す際、 「このたびはご愁傷様でございます」と お悔やみを言い、一礼します。 袱紗に包んで参列する際は、 袱紗を閉じた手順の逆の順に開いて取り出し、 手早く袱紗をたたみ、 不祝儀袋の表書きが相手に 読めるように向けて両手で渡します。

【袱紗の持ち合わせがない時】
袱紗がない場合は、 小さな風呂敷やハンカチを 代用することも可能です。 ただし色合いや柄、しわ等には十分注意しましょう。

 

無料通話

まずはお電話ください

通話無料・時間対応